PSTEPに関連したモデル一覧

SUSANOOモデル

開発者:塩田大幸、三好由純、片岡龍峰

太陽表面の磁場観測データをもとに内部太陽圏(r<2AU)の範囲の太陽風3次元構造を予測する磁気流体シミュレーション。 さらに地球の位置での太陽風変動を利用して放射線隊の高エネルギー電子フラックスの予測を行っている。

リンク:http://cidas.isee.nagoya-u.ac.jp/susanoo/

論文:Shiota, D., R. Kataoka, Y. Miyoshi, T. Hara, C. Tao, K. Masunaga, Y. Futaana, and N. Terada (2014), Inner heliosphere MHD modeling system applicable to space weather forecasting for the other planets, Space Weather, 12, 187–204, doi:10.1002/2013SW000989. 他

論文リンク:http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/2013SW000989/abstract

PSTEP関連領域:A01, A02, A03

GAIAモデル

開発者: 陣 英克、三好 勉信、藤原 均、品川 裕之

GAIA (Ground-to-Topside Model of Atmosphere and Ionosphere for Aeronomy)は、電離圏プラズマと熱圏中性大気との相互作用を考慮し、地上から超高層大気領域までをカバーする全地球大気のシミュレーションモデルです。

リンク: http://seg-web.nict.go.jp/GAIA/

論文: Jin, H., Y. Miyoshi, H. Fujiwara, H. Shinagawa, K. Terada, N. Terada, M. Ishii, Y. Otsuka, and A. Saito, Vertical Connection from the Tropospheric Activities to the Ionospheric Longitudinal Structure Simulated by a New Earth’s Whole Atmosphere-Ionosphere Coupled Model, J. Geophys. Res., 116, A01316, doi:10.1029/2010JA015925, 2011.  他

論文リンク:http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1029/2010JA015925/abstract

PSTEP関連領域:A03, A04

プラズマバブル・モデル

開発者:横山 竜宏 NICT

赤道電離圏で発生するプラズマバブルは、衛星電波を用いた航法、測位に深刻な障害を引き起こす。局所的に非常に高い解像度(<1km)で電離圏プラズマの時間発展を計算することで、プラズマバブルの複雑な非線形成長が再現され、発生機構と電波伝搬への影響の解明が期待できる。

論文: Yokoyama, T., H. Shinagawa, and H. Jin (2014), Nonlinear growth, bifurcation and pinching of equatorial plasma bubble simulated by three-dimensional high-resolution bubble model, J. Geophys. Res. Space Physics, 119, pages 10,474–10,482. doi:10.1002/2014JA020708.

論文リンク: http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/2014JA020708/abstract

PSTEP関連領域:A03

HF-START

開発者: 穂積 Kornyanat、丸山 隆、斎藤 享

HF-START (HF Simulator Targeting for All-users’ Regional Telecommunications)は、通信分野に限らず広く宇宙天気ユーザーのニーズに応えるために開発している、ユーザーフレンドリーなHF電波伝播シミュレータです。

PSTEP関連領域:A01


放射線帯モデル(ベースモデル)

開発者:三好 由純

論文:Miyoshi, Y. S., V. K. Jordanova, A. Morioka, and D. S. Evans (2004), Solar cycle variations of the electron radiation belts: Observations and radial diffusion simulation, Space Weather, 2, S10S02, doi:10.1029/2004SW000070.

論文リンク: http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1029/2004SW000070/abstract

PSTEP関連領域:A01, A03

放射線帯モデル(発展モデル)
GEMSIS-RB (Geospace Environment Modeling System for Integrated Studies – Radiation Belt)

開発者:齊藤 慎司

3次元電磁場中での高エネルギー電子の旋回中心位置の軌道を追跡する。磁気圏経験磁場モデルやグローバルMHDモデルから与えられた、時間的に変動する電磁場中において個々の粒子軌道および3次元電子フラックス分布を再現することが出来る。

論文:Saito, S., Y. Miyoshi, and K. Seki (2010), A split in the outer radiation belt by magnetopause shadowing: Test particle simulations, J. Geophys. Res., 115, A08210, doi:10.1029/2009JA014738.

論文リンク:http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1029/2009JA014738/abstract

PSTEP関連領域:A03

放射線帯モデル(発展モデル)
GEMSIS-RBW (Geospace Environment Modeling System for Integrated Studies – Radiation Belt with Wave particle interaction)

開発者:齊藤 慎司

磁力線に沿ってバウンス運動をする放射線帯電子の加速、ピッチ角散乱、大気降り込み量を見積もる。特に磁力線に対して平行方向に伝搬するwhistler chorusによる散乱過程に注目している。個々の放射線帯電子についての散乱を見積もることができ、将来的にはRBモデルへ拡張モジュールとして組み込まれる予定である。

論文:Saito, S., Y. Miyoshi, and K. Seki (2012), Relativistic electron microbursts associated with whistler chorus rising tone elements: GEMSIS-RBW simulations, J. Geophys. Res., 117, A10206, doi:10.1029/2012JA018020.

論文リンク:http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1029/2012JA018020/abstract

PSTEP関連領域:A03

放射線帯波動粒子相互作用素過程モデル

開発者:加藤 雄人

論文:Katoh, Y. and Y. Omura (2007), Computer simulation of chorus wave generation in the Earth’s inner magnetosphere, Geophys. Res. Lett., 34, L03102, doi:10.1029/2006GL028594.

論文リンク:http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1029/2006GL028594/abstract

PSTEP関連領域:A03

内部磁気圏リングカレントモデル「GEMSIS-RC」

開発者:天野 孝伸 関 華奈子、三好 由純 梅田 隆行 松本 洋介、海老原 祐輔、齊藤 慎司

論文:Amano, T., K. Seki, Y. Miyoshi, T. Umeda, Y. Matsumoto, Y. Ebihara, and S. Saito (2011), Self-consistent kinetic numerical simulation model for ring current particles in the Earth’s inner magnetosphere, J. Geophys. Res., 116, A02216, doi:10.1029/2010JA015682.

論文リンク:http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1029/2010JA015682/abstract

PSTEP関連領域:A03

衛星周辺プラズマじょう乱モデル

開発者:三宅 洋平、臼井 英之

論文:Miyake, Y., and H. Usui (2016), Particle-in-cell modeling of spacecraft-plasma interaction effects on double-probe electric field measurements, Radio Sci., 51, 1905–1922, doi:10.1002/2016RS006095.

論文リンク:http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/2016RS006095/full

PSTEP関連領域:A01, A03

衛星帯電(過渡応答)モデル「EMSES」

開発者:三宅洋平、臼井英之

論文:Miyake, Y., and H, Usui (2009), New Electromagnetic Particle Simulation Code for the Analysis of Spacecraft-Plasma Interactions, Phys. Plasmas, 16, 062904.

論文リンク:https://doi.org/10.1063/1.3147922

PSTEP関連領域:A01, A03

次期太陽周期活動予測モデル

開発者:飯島陽久、今田晋亮、堀田英之

概要:太陽高級磁場の観測データをもとに太陽表面磁束輸送計算を行い、未来の太陽活動極小期の極域の磁場を算出し、次期太陽周期活動度を予測するモデル。

PSTEP関連領域:A04

DCPAM-CHEM

開発者:納多哲史 (京大), Daniel Marsh (NCAR)

地球流体電脳倶楽部による汎惑星大気モデル DCPAM に、NCAR によるROSEモデルの化学モジュールを結合して作成された、軽量かつ柔軟性のある化学気候モデル。太陽活動変化に伴う地球大気への強制の変化が気候に影響する過程を理解するため、多様な境界条件や強制を用いた大量のパラメータスイープ実験を行っている。

リンク:http://www.gfd-dennou.org/library/dcpam/

PSTEP関連領域:A04

モデル名:UFCORIN

開発者:村主崇行、柴山拓也、羽田裕子、磯部洋明、根本茂、駒﨑 健二、浅井歩、柴田一成

太陽表面の視線垂直磁場画像のWavelet特徴量の時系列データをもとに、太陽のX線でみた明るさ(フラックス)の24時間将来までの最大値を自動的に予測することで、全自動フレア予測を行うシステムです。

リンク:http://www.spaceweather.kyoto/
http://54.187.234.47/prediction-result.html

論文:UFCORIN: A fully automated predictor of solar flares in GOES X-ray flux
論文リンク:http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/2015SW001257/full

論文:A Deep-Learning Approach for Operation of an Automated Realtime Flare Forecast
論文リンク:https://arxiv.org/abs/1606.01587

PSTEP関連領域:A01, A02

このページのトップへ